前へ
次へ

弁護士法と刑法の違いとは

弁護士法とは刑法の違いは何なのでしょうか。後者のほうはほとんどの人は聞いたことがあると思います。ですが、前者のほうは聞いたことすらない人もいると思います。まず弁護士法とはどんな法律なのでしょう。弁護士法とは名前の通り弁護士制度を定めるための法律です。弁護士などの使命、職務、弁護士会の制度などを定めるほか、資格を持っていないひとの法律事務所の取り扱い・表示・名称使用の禁止などを定めます。また刑法は犯罪とそれに対する刑罰の関係を規律する法律です。このように刑法と弁護士法は同じようなもの、似たようなもの、などと思われたりもしますが、その目的、規制する対称などからまったく違った法律であることが分かります。

Page Top