前へ
次へ

弁護士法は弁護士の業務を定めています

弁護士法は弁護士の資格を有する者でなければできない業務を定めています。無資格の者がそのような行為をすると罰則を受けることになります。また、弁護士法は弁護士の倫理規定とも言うべき重要な事項を定めています。弁護士は常に依頼人の立場で依頼人に有利になるように弁護活動をしなければなりません。法の正義に基いて良心に従って弁護をしなければならず、法律の専門家として依頼人を擁護し、依頼人の利益を第一に考えなくてはなりません。弁護士法は弁護士に弁護を依頼する人を守ってくれる側面もある法律であって、弁護士が正しい弁護活動をすることを求めています。弁護士に相談することは日常的にあることではありませんが安心して相談できます。

Page Top