前へ
次へ

弁護士法とはどのようなものでしょう。

弁護士法は、昭和24年に成立した法律です。主な内容として、弁護士の使命は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とすることが定められています。そして、職責として、弁護士は常に、不快教養を持って品性を持ち、ほうれい及び法律事務に精通しなければいけないと書かれています。また、弁護士は司法修習生の収拾を終えたひとが資格を有することができます。弁護士となった人は、日本弁護士連合会に備えてある弁護士名簿にとろくされなければならないと書かれています。そうしなければ、弁護士として働くことができません。弁護士を廃業するときもまた、所属する弁護士会にその旨を届けなければなりません。このようなことが弁護士法に記載されています。

Page Top