前へ
次へ

弁護士法について探る

国が定める法律を専門的に扱う弁護士は、弁護士法に則っての活動が認められる事になります。その資格や活動内容などに関して、詳細な規定があります。国が定める弁護士制度であり、日本の法律の一つでもあります。弁護士法では、その資格認定までの規定や資格の剥奪、弁護士としての登録の必要性などが明示されています。日本弁護士連合会、通称日弁連と称される組織があり、その組織に各弁護士が強制加入する事で、その指導や監督を行う事とする旨などの記載もあります。そのため、弁護士に何か不祥事があった場合には、この日弁連での登録も抹消されるなどの罰則もあります。弁護士と日弁連が切っても切れない関係性のある事が、弁護士法においても記されています。

Page Top