前へ
次へ

弁護士法を守りたい。

弁護士法に定められているとおり、法律の専門家である弁護士でなければ、法律手続きの代理人として報酬をもらえないのであるが、これがなかなか違反事件を摘発できないようです。司法書士や行政書士やその他の団体、かれらの相談にやってくるクライアントに対し、どの程度のサービスまでが、どのような対価によって賄われているかを知ることはなかなか難しいからです。もちろん、弁護士会から司法書士会、行政書士会への申し入れということはあるでしょうが、末端事例を把握することまで難しいようです。わたくしたちはこんにちネット社会が進んだおかげで、自分で情報入手が可能になりました。以前はそのようなこともなかったので、いわゆる事件屋が多数存在していたようです。弁護士法を守ることは大変そうです。

Page Top