前へ
次へ

弁護士法と刑法の違いとは

弁護士法とは刑法の違いは何なのでしょうか。後者のほうはほとんどの人は聞いたことがあると思います。です

more

弁護士を管理する弁護士法とは

弁護士の活動は、弁護士法によって管理されています。この法律は十章から成るもので、弁護士の使命や職務と

more

弁護士法についての説明

弁護士は弁護士法という法律を遵守しながら、仕事をしていかなければなりません。この法律はいったいどんな

more

即時独立する弁護士が増えています。

司法制度改革以来,司法試験に合格する人数は増え,弁護士の人数も大きく増えました。従来は,まずイソ弁(居候弁護士)としてどこかの事務所に雇ってもらい,ボス弁(事務所の経営者)からお給料をもらいながら経験を積んで,独立するという形がほとんどでした。しかし,人数が増えて雇用してくれる事務所も限りがあるため,最近は修習が終わるといきなり独立という形も増えてきました。日本弁護士連合会でも,このような状況に対応して,「即時・早期独立開業マニュアル」なるものを作っています。即時独立すれば,最初は不安もあるかもしれませんが,自分の判断で自分のペースで自由に仕事ができるという魅力があります。司法修習中の方は,ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

フラッグシップ経営

複雑な申告用の書類作成はプロにお任せ
領収書等の丸投げも可能ですし、営業などの他の業務に専念できます。

様々な財産分与の際の節税対策を紹介!
不動産の取得や債務控除といった様々な相続の節税対策をいたします。

商号調査や定款の作成も致します

手間のかかる会社設立の一連の手続きをプロに任せられます。

弁護士法は、認知度は低いです。

弁護士法は昭和24年に制定されて、弁護士事務所の設置や非弁護士活動の禁止や懲戒委員会の設置などを定めています。弁護士会の連合会は、各弁護士会を統括して運営されています。それぞれ、各都市には、弁護士会が設置されていて、会に所属することで同業種間の連絡を取り合ったり、共同の活動をしたりしています。これらは、ギルド制にも似ていて、何かあったときには、互いに連携して、問題があれば懲罰にかけ、退会してもらうなどの自治制度をもって運営されています。役員は毎年改選され、各部会の活動支援や議会が毎年開催されています。わたしたちとより縁のなさそうな弁護士の仕事ですが、最寄りの弁護士会からアクセスしていくことが、簡単な方法のようです。

Page Top